NEWS

No,5 2006.05

投稿日:

・ゲルハルト・シュスター氏特別講演レポート
 「中部ヨーロッパにおけるエコロジー建築
  -その発展と現状の事例-」を聴いて  勝山寛敏
・坊垣和明の民家探訪 その四 テーマ「雨」 雨を防ぎ耐久性を高める工夫
・セミナーレポート&バウビオロギー建築
 第4回定例セミナー
  講演1 「何も失わない家づくり」 マテー ペーター
  バウビオロギー建築1 「海老名の家(M邸)」 自然の住まい株式会社
  講演2 「古民家再生から学びつつあること」 上林 誉一
  バウビオロギー建築2 「皆川邸」 株式会社上林製材所
・海外レポート ドイツ編
  「ドイツ・フライブルグ エコ情報」
・コラム 本の部屋
・2005年度収支報告

No,4 2006.02

投稿日:

・バウビオロギー建築 「やまもみじの家」
   新堀和巳建築設計室 新堀和巳
・坊垣和明の民家探訪 その三 テーマ「風」その2 風を防ぎ利用する
・セミナーレポート
 第3回定例セミナー
  講演1 「居住環境」
   -その常識・非常識- 坊垣和明
  講演2 「住空間環境の評価と改善」
   -地中電位や空気イオンの測定と倫理に基づく実践例の紹介- 秋月克文
・雑誌「健康とすまい」最新記事
Part1 未来あるカッヘルオーフェン
        カッヘルオーフェン・マイスターに聞く
Part2 壁暖房と土壁(レーム)-アレルゲンや刺激のない室内環境を-
・コラム 冬の思い出
・バウビオロギーQ+A コルクタイルについて
・現場見聞録「新月伐採

No,3 2005.11

投稿日:

・バウビオロギー建築「はくれん舎」
   村山建築設計事務所 村山雄一
・坊垣和明の民家探訪 その二 テーマ「風」 風を防ぐ
・セミナーレポート
 第2回定例セミナー
  講演1 「住まいと環境の立地」 豊原寛明
  講演2 「住共同体によるバウエコロジーをさぐる」
       -日本や欧米のコウハウジング事例と今後の可能性- 中林由行
・コラム 宝水
・バウビオロギーQ+A 「死んだ」建材と「呼吸する」壁
・雑誌「健康とすまい」最新記事
 バウビオロギー 25の指針 最新版へ
・現場見聞録 「ペレット工場

No,2 2005.08

投稿日:

・バウビオロギー建築「草屋根の家」
イシナガ建築工房 石永節生
・坊垣和明の民家探訪 その一
・セミナーレポート
 第1回定例セミナー
  講演1 「バウビオロギー入門」 石川恒夫
  講演2 「美しい日本を創造するために」 樫野紀元
・海外レポート 韓国編 「ソウルの動向」 濱田ゆかり
・コラム 養蚕農家
・雑誌「健康とすまい」最新記事
  換気設備に関するIBNのアンケート調査
・バウビオロギーQ+A 合成スレートのアスベスト
・現場見聞録 「竹炭・竹酢液づくり」

No,1 2005.05(在庫なし)

投稿日:

・バウビオロギーの視点から
  有機的建築 その1 過去・現在・未来 
   ピーター・ファンデア・レー
・セミナーレポート
 「高橋元 メモリアルセミナー『バウビオロギーの原点から』」
  特別講演 「バウビオロギーと環境医学」
 -すべての医師はバウビオロギーの認識を必要とします-
   フォルカー・ツァーン
 「『ひと・環境計画』設立10周年 そしてこれから」
   濱田 ゆかり
 「日本の住まい 過去・現在・未来」
   坊垣 和明
 「ドイツ語圏でのバウビオロギー 木造建築のこれから」
   マテー ペーター
 「日本バウビオロギー研究会設立 日本のバウビオロギーのこれから」
   石川 恒夫
・雑誌「健康とすまい」最新記事
 無毒性の木材防腐剤への差別
   ヴィンフリート・シュナイダー
・バウビオロギー建築「藤沢の家(K邸)」
自然の住まい株式会社 森 由起

土建築info

投稿日:

「土建築info 消費者のためのインフォメーション」
編訳  日本バウビオロギー研究会

1000円

一般の書店での取り扱いがございませんので、「書籍購入申し込み」フォームからお申し込みください。

民家のしくみ

投稿日:

「民家のしくみ 環境と共生する技術と知恵」
著者  坊垣 和明
ISBN978-4-7615-1241-5

1800円(学芸出版社)

天然素材住宅で暮らそう!

投稿日:

「天然素材住宅で暮らそう!」
著者  菅原 明子
ISBN4-88086-207-X

1400円(成甲書房)

日本で実践するバウビオロギー 出版に寄せて

投稿日:

石川恒夫

2000年の3月初旬、高橋元さんとの3年にわたる翻訳、推敲作業を経て、『健康な住まいへの道 バウビオロギーとバウエコロジー』(ホルガー・ケーニッヒ著)が建築資料研究社から出版されました。ドイツでのベストセラーといわれるその本は、セルフビルドのお国柄ドイツならではの施工実務書でありながら、バウビオロギーの思想を深く伝えようとする意欲的なものでした。

手元には、著者ケーニッヒ氏を招いて特別講演をしていただいた当日の、にこやかに3人が並んだスナップ写真があります。翻訳作業の途上、毎週のように、新宿の高橋さんの事務所で、編集者の真鍋さんとともに原稿を読み合わせつつ、日本やドイツの建築や環境の話題に花開いたことは忘れられません。バウビオロギーが内包する、極めて未来的な住まいづくりの考え方を今後一層深く学び、広く世に知らしめることの必要性をともに話しあい、その外的「器」のあり方を具体的に検討し、すでに2000年当時には、私たちの日本バウビオロギー研究会の骨子はできていたのです。

その後、バウビオロギーに関する朝日新聞の取材を受けて、2002年3月25日付朝刊「くらし面」に記事が掲載されたのは、全国紙ではじめてのことではなかったでしょうか。当時、多くの方から、紙面の最後に紹介されていた、設立近い「日本バウビオロギー協会」について、問い合わせをいただきました。しかしながら、互いに仕事に追われ、また、高橋さんは病に倒れ、2004年1月1日、五七歳の若さで帰らぬ人となったことは、痛恨の極みでありました。

この間、2003年には、バウビオロギーのパイオニア的存在である、ドイツのバウビオロギー・エコロジー研究所ノイボイエルン(IBN)の所長、アントン・シュナイダー博士によるバイブル的なテキスト(『バウビオロギー入門』+『生物学的な建築のための25の指針』)を含んだ『バウビオロギ―という思想』(建築資料研究社)を出版することができました。建築の技術は日進月歩ではありますが、四半世紀たってなお、シュナイダー氏の示唆は今日的であり、彼のもとから、多くのバウビオローゲ(建築生物学者)が巣立っていることを考えると、日本でのこの分野での地固めとして、必要不可欠な文献であると思ったのです。

そして、精神界からの高橋さんの支援をうけて、2005年3月5日、東京・青山のドイツ文化センターを会場として、高橋さんの一周忌のセミナーを催し、同時に日本バウビオロギー研究会の設立をお祝いすることができたことは記憶に新しいところです。アントン・シュナイダー博士からの温かい祝福のメッセージが届いたように、より国際的なネットワークのなかで、今後運動が展開することが期待されているのだと、その責任を痛感しています。

上述のセミナーのために、バウビオローゲ(建築生物学者)であり、婦人科医師として多くの体験をもった、ドイツにおける環境医学のパイオニア、フォルカー・ツァーン博士と奥様が来日され、講演していただくことがかないました。それゆえ、本書の冒頭に、環境医学の側面からの住まいへの提言をいただくこととなった次第です。催しにはおよそ100名の参加があり、バウビオロギーへの関心の高さがうかがわれました。朝日新聞、ビオシティ、新建ハウジングなどの、発足に対する記事掲載もあって、目下、会員は百名に達しようとしています。研究会は三ヶ月ごとの定例セミナーを行いつつ、会報誌を季刊で発刊していますので、ちょうど1年、四季の巡りを終え、第2期目を迎えたところです。

東京ビックサイトでの見本市へのブース出展、公立図書館への会報誌の寄贈、ホームページ立上げ準備などをとおして、研究会の社会への認知に尽力しているところです。その意味で、このたび、学芸出版社が、発足当初から、私たちの活動に関心を寄せ、当研究会の9名の発起人(現・理事)による、日本でのバウビオロギーの実践に対する、研究と実践の報告をまとめることの提案をされ、本書が生まれることとなったことは望外の喜びです。私にとってはちょうど3年のリズムで、しかし、かつての2冊の書籍とは内容の異なる、つまり、日本へのバウビオロギーの受肉の第一歩を記すことができたことを、私は意味あることと考えています。同出版社の編集者宮本裕美さんへ感謝申し上げる次第です。

タイトなスケジュールでしたが、一人も脱落することなく執筆された9名の理事は、それぞれの専門分野の第一線で活躍されていることはいうまでもありません。本書は医学的視点から始まり、室内環境、建築材料の諸問題を包括し、生態学的視点を踏まえた木造建築のあり方にも言及しています。さらに共同体形成のための都市的視点は、アントン・シュナイダー氏が力説する問題でもあり、バウビオロギーの大切な一側面です。言葉使いや、例えばシックハウス関連の解釈に、微妙な相違があるとしても、誰もが、住まいが人間の体を脅かす凶器とならないために、そして健康で人間味あふれる居住環境を実現するために、私たちが何をなすべきかという難題に真摯に向き合っています。その姿勢を感じとっていただけたら、執筆者一同幸いです。